ウッドデッキのシロアリ被害は補修や解体で対策ができます

ウッドデッキにシロアリ!害虫から家を守るために必要な対策

補修材料を選ぶことでシロアリ被害を予防する。

シロアリに襲われにくいウッドデッキ補修は材料がポイント

ウッドデッキを補修するには材料選びも重要です。シロアリに狙われにくい木材を使用することで、シロアリ被害のリスクを格段に押さえることが可能になります。どのような材料なのか確認してみましょう。

ウッドデッキに最適な材料の例

ハードウッド
天然の木材ですがとても耐久性が高く、防腐加工などが不要な木材です。強度があるため、加工しにくいのですが、天然の木材を使用してウッドデッキを作りたい場合はこのハードウッドがオススメです。
ソフトウッド
この木材は加工が簡単で、値段もハードウッドよりお手頃です。ですが耐久性がありませんので、防腐加工をする必要があります。また、補修後も定期的なメンテナンスが必要になります。補修をするだけなら良いのですが、後々のことを考えると、より費用がかかるかもしれません。
人工木
人工木や樹脂木と呼ばれる材料です。木粉とプラスチックで出来ており、防腐加工や定期的なメンテナンスもほとんど必要ありません。加工もしやすく、耐久性にも優れているのに価格も手頃なのが特徴です。

シロアリ被害を予防するには土との距離が重要

シロアリがウッドデッキに侵入してくる大きな原因は地面と直に接しているからです。ウッドデッキの主体となる柱が木材の場合はより深刻といえるでしょう。一度でもシロアリに侵食されてしまうと塗装をしていない部分がむき出しの状態になってしまい木自体が腐るのも早くなります。ですから土台となる石をしっかり置き、防虫効果の期待出来る塗料を塗り最大限の予防を心がけるようにしましょう。

TOPボタン